• 渥美 憲(ただし)

目指せ!0人!


昨年の今頃って・・・ コロナってどんなやろう~とか 命に関わるの~とか よその国で、はやってて日本にくるの~とかなんて 不安要素は多々あったはず。

政府は、習近平来日、オリンピック開催 が邪魔をしてやりたい対策が後手後手になって しまった。

そのころ民衆は、様々なメディアから情報を収集しはじめ おおよそのコロナの概要がつかめてきた。 そしたら、突然衝撃的な出来事が・・・。

志村けんさんの訃報。 感染からわずか数日で帰らぬ姿となった。

岡江久美子さんも同様でした。 悲しいという気持ちが日本中の人の心に芽生えて コロナに怯えたんです。

だから、あの時の緊急事態宣言は小中学校の封鎖から すてぃほーむ、自粛、テレワークなどなど 新しい生活様式なんていって、わからないけどなんだか 見よう見まねで実践していた。 そうしたら、なななんと感染者が減り 皆すこし安堵したよね。

そしたら、突然、安倍さん二回目の辞任。 安倍のマスクに倒れて、なんとも残念な・・ あまりにも、格好の良くない形で消えた。

総裁選挙にマスコミは走り出し コロナの報道がテレビからも発信されなくなり 民衆はあわや、コロナを忘れかけはじめた・・。

二階からの大声に反応して 一階にいた菅さんは目を覚まして動き出す。

菅総理誕生。令和おじさんは人気者。 気を良くして走り出す。

やっぱり、二階には恩がある。 一階いるより菅さんも旅に出たくなったのか? いよいよ”GO TO”始動。 マスコミも、コロナより視聴率が取れるのか なかなか、もとに戻ろうとしない・・。

因果応報とまでは言いたくはないが・・ 経済重視は、コロナ感染拡大の後押しをしてしまった。 その結果が今。

コロナは怖いけど、年寄りだけ被害をとか 若者は大丈夫とか マスクしないで、マウスシールドでOKとか 大嫌いな麻生が気取ってマウスシールドしてたっけ・・。 間違った情報が流れてしまった。

今や菅さんは働きすぎて疲れてしまった。 コロナ対策しながら、オリンピック開催を目指す菅さん がーすーですなんて言ってはいられなくなってきた。

コロナ対策&経済復活 コロナ対策&オリンピック開催 二つを追うと、どちらも手に入らいないのでは?

病院では、まさに非常事態。 もうやめて、いい加減にして、と声が聞こえます。

触ったり、近ずいたり、ずっといたりするとうつります。 前カラいってるでショ! ならば、しなきゃいい・・。 なのに、法に触れてないからいいじゃんかなんて アホの渋谷にいた若者くん。 忘年会も新年会もパーティーもやってま~す、だって!

命に関わらずとも回復すると言われている若者も・・ 後遺症に苦しむ若者を見ろ。 志村けんさんが亡くなったことを忘れるな。 医師会の苦しい環境の訴えをよく聞け。 若者たちだけでなく、民衆すべてが今新たに行動を 改めなければならいよ、林先生。今でしょ!

東京で2000人なんて報道があると 980人が少なく見えてくる 毎日、毎日、数字を見ているとなんだかなれてきてしまい 錯覚を起こす。 目標は、500人でもなくて400人でもなくて 0人のという今では奇跡的な数字だが、そこですよ。 感染者0人という、報道が流れたとき、その時こそが 心の底から感動の涙を流すときです。 想像してみてください。 テレビで藤井アナが・・きっと 「みなさん、ようやくこの時が来ました、苦しい長いコロナとの戦いでしたが、コロナに勝ったんです。たくさんの人々が奪われなくていい大切な命を失なってしました。そして、医療の現場では多くの勇気ある人々に助けられてきました。新しい生活様式から今までの普通の生活に戻れるんです。政治家、報道関係者、医療従事者、保健所の職員、などなど、そして皆さんの頑張りのお蔭でこの時が来たんです。・・・・」なんて・・ 涙を流しながらカメラの前で話すことでしょう。

だから、そこに希望をもっていきましょう。 だから、今は感染防止をおこないましょう。 苦しみの先には、必ず笑顔で過ごす時があるんです。 今我慢をすることは、あなた一人ではない、家族、友人、 隣の人も、みんな一緒にやるんです。 横断歩道だってみんなで渡れば怖くないと、たけしが言っていたんだから・・・ 感染防止、みんなでやれば、さみしくない 感染防止、みんなでやれば、強くなれる

このくらいは、今の菅さんに原稿読まないで 倒れる前に言ってもらいたいな。

目指せ!0人!