• 西奈恭子(にしな)

最近のお葬式・・


今から18年くらい昔、ふと『家族葬』という言葉が現れました。

今では、当たり前になった言葉ですが、そのころでは耳慣れない『家族葬』。


家族・親族、時にごく親しかった人だけに来ていただく『家族葬』。

そのために、お葬式の規模は小さくなることが多いようです。

お葬式の流れは、基本的には一般的なお葬式と大きな違いはありません。

仏式の場合、お通夜・葬儀・告別式と執り行なわれます。

時に、お通夜が省略されて行われる場合も少なくありません。


『家族葬』それは・・・、故人様と家族のお別れの時間を大切にできるお葬式。


今では耳慣れた『家族葬』ですが、そのメリットはどんなところでしょうか?


  • お別れが落ちついてできる

  • 家族は精神的にも体力的にも負担が少なくすむ

  • お葬式の費用もある程度は軽減できる

こんなところでしょうか。


会葬者がなければ、挨拶や気使いもしなくて済む。

会葬者がなければ、通夜ふるまいのお料理などの用意もなくなる。

会葬者がなければ、返礼品も用意がいらなくなる。


そういうことになりますね。