• 西奈恭子(にしな)

昔のお葬式からの変化

更新日:4月19日


お葬式のスタイルは、時とともに移り変わりました。


『野辺おくり』という言葉を御存じでしょうか。

死者を弔うため、日本では昔からそうした形で行われています。

僧侶に故人様に対してお経を唱えてもらいます。

その村で人々が列をなし、村はずれの墓地まで棺を担いで運ぶのです。

墓地では、土葬という形でお弔いいたしました。

そうした、『野辺おくり』の様子は日本の全国で戦後間もなく位までは見ることが出来ました。


その後は、火葬が普及し今では火葬が法律でも定められるようになりました。

棺を運ぶのは、霊柩車を利用するようになり、お経を上げる葬儀は自宅で執り行う様になりました。

自宅での葬儀は、ご近所さんの協力がないと行えません。準備、接待、などと向こう三軒両隣の面々がお手伝いを互いに行ったんです。


時が過ぎ、社会が成長して近所付き合いも希薄になってきました。

そのころからは、ご近所さんに変わり私共のような葬儀社がお葬式のお手伝いを行う様になりました。  

葬儀の知識の深い専門家の葬儀社が、お葬式を仕切るようになりました。


現在では、自宅での葬儀は少なくなり、斎場などの場所でお葬式を行うことが多くなりました。


意味あるものが、時代とともに意味が薄れて、新しい形でのお葬式となってまいりました。


しかし、温故知新というとおりに、変わらぬ大切な意味は忘れずにいたいものです。


お経をあげていただくこと。

お線香をおそなえすること。

お別れをすること。

お葬式をすること。

荼毘にふすこと。


様々な大切な意味があります。