• 西奈恭子(にしな)

夕日を拝めば・・・

更新日:4月27日


お彼岸って聞いたことありますか?


お彼岸は、一年の中で二回、春分の日・秋分の日を中日にして7日間営まれます。太陽が、真東から出て真西に沈むのです。


この時、夕日に向かい手をあわせて拝むことは、西方にある浄土に向かって拝むことになると言われています。中日に夕日を、手をわせてて拝むと特別に功徳があると考えられているのです。


お彼岸が来ると、気候的には最も過ごしやすい季節になりますよね。


『暑さ、寒さも彼岸まで・・・』って、言いますから・・。


だから、中日はきれいな夕日が拝めるように晴れてくれるとうれしいのですが・・・。

そして、お彼岸はご先祖様に手をあわす機会でもあります。

家族みんなで、お墓参りに参りましょう。