一般葬を一日葬で・・・


最愛の方のお葬式・・

当初は、喪主様の御意向は家族葬でこじんまりと葬儀を執り行いたいと考えていました。

医師より危篤との宣告があり、事前のご相談にお越しになられたんです。

何よりも危篤状態の最愛の方の申し伝えを忠実に考えたいとのことです。

喪主様は宣告より多少の時間が経過し、様々な事柄を考える時間がありました。


知人・友人・ご近所様・・・今までのお付き合いを考えると果たして、内緒で葬儀なんて通用するのだろうかと・・・。

葬儀は家族葬でこじんりと行えたとしても、後日きっと自宅にお線香を手向けにこられる方々がいるだろうと・・。ましてや、来られる方のタイミングなんてわかるわけもないし、家を空けることができなくなるのではないのかと・・・。危惧する項目が増えてしまいました。


そこで、私共葬儀社と喪主様との改めてのご相談を再開いたしました。

色々なパターンのご説明、それに伴うご費用などのご相談、葬儀の会場、仕事を考慮しての曜日の相談までいたしました。考えられるすべての想定事項を考慮しました。

そこで、費用面、葬儀後の対応を加味して最終的には『一般葬を一日葬で・・』となりました。

一般葬とは、知人関係など様々なお付き合いのあった方々に葬儀のお知らせを行います。

町会では、掲示板にも訃報のお知らせを貼りだします。仕事関係にも訃報のFAXを流したりとなりました。


お葬式の場に、様々な方がご弔問にお越しになることで一度で済ませるという方法をとったのです。後日、個別に自宅での対応を考えますと大変なことになると判断をしたのです。

お付き合いの多い方は、やはりお葬式のご連絡はお知らせをした方がよいのだと感じます。

一般葬で執り行うのです。それを、一日葬で行うと通夜ぶるまいが経費的にも節約になります。ましてや、今の世界の状況はコロナ禍の最中です。通夜ぶるまいは、感染予防の観点からは危険な状況と言えるのでしょう。


渥美家本店は、お客様のご事情、ご意向に合わせたお葬式の提案や費用面でのご相談に柔軟にお客様の身になってお話をさせていただきます。

安心と信頼は、こうした対応の積み重ねだと信じて常に考えています。

渥美家本店は、そんな葬儀社です。